カメラ選びの基礎知識|防犯カメラ・監視システムの設置ならSecurity Eyeへお任せください!スピード対応可能

Security Eye 防犯カメラ販売・設置専門店

  • 製品のご案内
  • カメラ選びの基礎知識
  • ご提案事例
  • 工事の流れ
  • よくあるご質問

カメラ選びの基礎知識 Knowledge

防犯カメラの種類について

METHOD TYPE1 アナログカメラ

アナログ式防犯カメラは、CCTVカメラ(閉回路テレビカメラ) とも呼ばれています。テレビ用の同軸ケーブルを経由してテレビモニタに接続すれば、撮影した映像を見ることが可能。アナログカメラで撮影した映像は、VHSビデオテープやハードディスクに記録することができます。

[アナログカメラ使用時] のメリット&デメリット
メリット

今使っているカメラの配線を
流用できることが多い。
コストが安い。

デメリット

画素数が低いため
車のナンバーや細かい商品の
確認が難しい場合がある。

[52万画素] のメリット&デメリット
メリット

コストが安い。
配線の流用が可能。

デメリット

低画質のため
顔の判別がつきにくい
場合がある。

[130万画素] のメリット&デメリット
メリット

顔の認識くらいまでは
可能。

デメリット

配線の流用が可能だが、
52万画素に比べると
伝送距離が短い。

52万画素の画像

52万画素の画像

130万画素の画像

130万画素の画像

METHOD TYPE2 デジタルカメラ

デジタル式防犯カメラは、ウェブカメラまたはIP(インターネットプロトコル)カメラやネットワークカメラと呼ばれています。撮影した映像は2進数のデジタルデータに変換され、磁気的または電子的に保存されます。DVDやSDカードなどの記録媒体に記録が可能です。

[デジタルカメラ使用時] のメリット&デメリット
メリット

映像がきれい。

デメリット

配線が5C-FBでないといけない。

アナログカメラより
配線可能な距離が短い。

[200万画素] のメリット&デメリット
メリット

車のナンバーや
細かい商品まで
きれいに撮影できる。

デメリット

コストが高い。
伝送距離が短い。

200万画素の画像

200万画素の画像

製品のご案内ページへ

防犯カメラの形について

BOX TYPE BOX型固定カメラ

見えるからこその抑止力

定番の形だからこそ、一目で設置していることがわかります。
そのため、防犯を抑止するための威嚇目的の場合はBOX型をオススメしています。

用途に合わせて多様なタイプ

昔から普及していたため、有線タイプから無線タイプまで、豊富なラインナップがあります。監視範囲・設置場所に合わせたカメラを選ぶことが可能。

BOX型固定カメラ

DOME TYPE ドーム型固定カメラ

プライバシー保護が叫ばれる昨今、でも防犯上必要…

防犯の観点からビル・マンション、街中など、さまざまな箇所に防犯カメラが設置されています。そういった公共の場や飲食店といった、目立たせず防犯対策をしたい場所へは、ドーム型をオススメしています。

ドーム型の特性を活かした360度撮影

BOX型と違い、ドーム内でカメラが動き全方位をカバーできるタイプなどもあり、数台設置が必要な箇所を一台で賄えるのも大きな魅力です。

ドーム型固定カメラ

IR BARRETT TYPE IRバレッド型カメラ

防水・防塵対応

主に屋外での使用がメイン。ハウジングとブラケットが一体型になっていることから様々な場所に設置できることや雨など濡れても大丈夫な防水・防塵タイプ。

赤外線暗視機能

赤外線暗視機能の付いている暗視タイプになっております。
夜間撮影と屋外設置がメインなことから街頭、店舗用など様々なシーンで活躍できます。

製品のご案内ページへ

防犯カメラの機能について

カメラ機能その1 画質を落とさないズーム機能

光学ズームとはフィルムカメラのズームと同じで、レンズを動かして焦点距離を変化させることにより、光学的に像を拡大して撮影することです。例えるなら虫めがねで物が大きく見える感じとなり、拡大した場合も画質を劣化させず映しだすことができます。
これに対しデジタルズームは、レンズの捕らえた画像の上下左右をカットして、拡大処理することを言います。少ない画素数でとらえた画像をデジタル処理で大きく引き伸ばすので、拡大すればするほどモザイクがかかったような画質の劣化が生じます。

画像を拡大しても、画質が荒くなる事はありません!!

カメラ機能その2 赤外線機能

日中はカラー画像の伝送を行い、光が一定のレベルより暗くなると、自動的にナイトモードに切り替わり白黒画像を伝送する機能です。デイナイトカメラは、近赤外線を発生させる赤外線投光器と組み合わせることで、夜でも高画質の動画を撮影することができます。例えば、光が十分でない環境でのビデオ監視や、明るい光が夜のドライバーの邪魔になってしまう交通監視など、人工的な光の利用が制限されている環境でのご利用に最適です。

カメラ機能その2 赤外線機能

カメラ機能その3 防じん防水機能

屋外に防犯カメラを設置する場合、カメラが防水仕様であることを確認する必要があります。
防犯カメラにおける防水仕様は、固形異物や水に対する侵入保護等級で表示されます。これはIP ■●(■●は数字)で表示され、■= 防塵等級・●=防水等級を示します。■●の数値が高いほど保護レベルが高く、劣悪な環境下でも安心して防犯カメラを使うことができます。また、屋外防滴仕様(直接雨風の当たらない軒下への設置が可能)というタイプもあります。

カメラ機能その3 防じん防水機能

カメラ機能その4 外出先からもスマホ・パソコンで「監視」可能!!

外出先でも、インターネットを経由してスマホ・タブレット・PCなどから簡単に映像を見ることが可能です。
店舗になかなか立ち寄ることができないので、外出先から監視カメラで店内の様子をチェックしたい……など、様々なシチュエーションでご活用いただけます。

カメラ機能その4 外出先からもスマホ・パソコンで「監視」可能!!

カメラ機能その4 選べる!多彩な録画機能

・常に録画を継続する [常時録画]

・曜日、時間帯ごとの [スケジュール録画]

・あらかじめ設定した範囲に動きがあった時のみ
   録画する [モーション感知録画]

お客様のニーズに合わせた録画モードをご選択いただけます。録画容量がいっぱいになったら、古いデータを消して録画する自動上書き機能もついております。

カメラ機能その4 選べる!多彩な録画機能

カメラ機能その6 ワイドダイナミックレンジ機能(WDR)

いわゆる逆光補正のことです。
逆光や照り返しなどの影響を受ける場所を写そうとすると、白く飛んだり黒く潰れたりすることがあります。
すべての防犯カメラにWDR機能が搭載されているため、写し出された映像を調整しつつ、黒く潰れないようにし、見やすくすることができるのです。。

カメラ機能その4 選べる!多彩な録画機能

製品のご案内ページへ

防犯カメラの設置なら Security Eye にお任せください!

防犯・監視・管理などさまざまなニーズに合わせて、適切なカメラ・配置・対策をご提案いたします!
夜間・屋外・遠隔監視(モバイル端末連携)などもちろん対応可能!

TEL:0120-954-015 無料お見積もりはこちら 会社情報はこちら
page up